フラッシュ脱毛ならワキ脱毛をしても多汗症になる心配無し

脱毛してツルツルになったワキは、もうムダ毛処理も気にすることもなく身軽で気軽な気分にしてくれます。

誰に見られても平気と思っていたけれど、なんだかすごく汗をかいているような気がして仕方がないということはありませんか?

確かに、まれに脱毛をすることで「多汗症」という症状を起こすことがあります。

ネットの口コミなどを見ていると、脱毛したことで毛穴の中の汗腺を刺激することで、普段より汗がたくさん出ているなど、原因として挙げられています。

針脱毛と呼ばれる脱毛法の場合には、直接毛穴に針状の器具を差し込んで電流を流しこむため、毛穴の中にある汗腺を活性化させることはあるようです。

強い刺激を受けた汗腺は、これまでよりも汗が出ることになります。

しかし、現在一般的になっている脱毛法では、針脱毛は使わずレーザーによる脱毛を行うところがほとんどです。

レーザー脱毛の場合は、体毛に熱を加えて毛根細胞を破壊するので、汗腺を刺激することはありません。

原理的にもレーザー脱毛が原因で汗をかくことはないのです。

でも実際に汗をかくようになったという人は結構います。

これは脱毛したことでキレイになったワキが、これまでとは逆に他人に見られているのではないかと、意識することで起こる精神的なものなのです。

緊張した時に自然と汗が噴き出てくるように、意識がワキに集中すると余計に汗をかいてしまいます。

また、これまでは体毛が汗が流れるのを抑えてくれていたので、毛がなくなったことによってかいた汗が流れやすくなったというケースも考えられます。

これについても感じ方の違いでしかなく、汗の量は変わっていません。

対処法としては、光脱毛やレーザー脱毛で多汗症にはならないということを理解してもらった上で、流れやすくなった汗をこまめに拭きとるようにしてもらうとよいでしょう。

認識を変えるだけでもかなり効果はあると思います。

ワキ汗が気になって臭うのではないか、見られているのではないかと気にすると余計に精神的な汗をかいてしまいます。

まずは意識を変えること、そしてこまめに汗を拭きとることです。

それでも汗が気になる方は、皮膚科で多汗症の治療を行っているので、一度受診してみてはいかがでしょうか。

医師から問題ないと言われれば、安心できるかも知れません。

せっかくキレイにしたワキなのですから、自信を持って行動してください!