脱毛中の毛抜きやワックスでの自己処理は脱毛効果が弱まる可能性があるのでNG

ムダ毛のお手入れにお手軽な毛抜きやワックスを使っている人も多いと思います。

自宅で簡単にできるムダ毛処理として、根強い人気のある方法ですが脱毛サロンに通っている間は止めておきましょう。

脱毛中にもムダ毛は生えてくる訳ですが、毛抜きやワックスで自己処理してしまうとせっかくの脱毛効果が弱まってしまうのです。

元々脱毛は体毛の黒い部分のメラニン色素に反応する光を当てて、毛が生えないようにしています。

体毛に強い光を当てることで毛根に熱を伝えて、毛の生える細胞に影響を与えている訳です。

これは医療機関で行うレーザー脱毛でも同じことです。

ですので、脱毛する為にはムダ毛が生えていないと意味がなくなってしまうのです。

毛抜きやワックスでの自己処理は、毛根ごと毛を引き抜いてしまいますので、せっかくの脱毛器の光も効果が発揮できません。

また目立つのが2~3本あるだけだからと、抜いてしまうのもいけません。

毛抜きやワックスで処理した後の毛穴は、強引に引き抜かれて傷ついている場合が多いのです。

もし前日に自己処理をして毛穴から血が出たとか、ワックスで剥がしたところが赤く腫れたなど怪我になった場合は脱毛自体が受けられない可能性もあります。

目には見えなくても毛穴の中に傷口ができていた場合、脱毛器の光を浴びることで毛穴の中で炎症を起こしてしまいます。

これは「毛嚢炎」と呼ばれる酷いニキビのような状態になることもあり、そうなれば病院に通う必要があるくらいです。

このように脱毛中の毛抜きやワックスによる自己処理は、かなりのリスクを伴いますので止めておきましょう。

どうしてもムダ毛が気になる場合は剃毛してもらうのが一番良いです。

しかしT字型のカミソリはお肌を傷つけやすいので、できれば専用の電気シェーバーを使って下さい。

ローションやオイルを使って、できるだけ肌を傷つけないように優しく剃るのが理想的です。

キレイにする為の脱毛でお肌を痛めてしまっては元も子もありません。

脱毛中の自己処理には毛抜きやワックスを使わないようにして下さいね!