脱毛期間中はペットとの交流には要注意!感染症や散歩時の紫外線の予防を徹底的に行おう

最近は一人暮らしの若い女性でもペットを飼う人が増えています。

ペット可のマンションも増えており、ドックランなどペットや飼い主同士のふれあいができる場も整備されてきました。

ペットを飼っている人にとっては大切な家族ですので、家に帰ればスキンシップを図ることも多いでしょう。

そんなかわいいペットですが、脱毛している間は以下の点に注意して接しないといけません。

1.ペットとの触れ合いによる感染症に気を付ける。

どんなにキレイにしているペットであっても、口や爪、排せつ物などには目には見えない細菌がいます。

脱毛したばかりのお肌は乾燥して弱っていますし、毛穴も傷ついている状態です。

普段通り接しているだけのつもりでも、傷口に細菌が入って炎症を起こすことにもなりかねません。

脱毛サロンで施術を受けて2~3日もすれば、肌の腫れも引いてきて毛穴の傷も治ってきます。

せめてそれまでの間は、ペットとの交流には気を使いましょう。

腕や足などは丈や裾の長い少し厚手の服を着ておけば大丈夫ですし、手や指に関しても手袋をするなどしておけばOKです。

顔や首周りの脱毛をしている時は、さすがにフルフェイスのマスクをする訳にもいきませんので、顔を近づけたり抱き上げたりするのは控えましょう。

2.散歩の際のUVケア、帰宅後の保湿ケアはしっかり行う。

散歩が必要なペットの場合は、紫外線対策も十分に行ってください。

脱毛した後のお肌に紫外線を浴び続けると、赤く腫れあがったり炎症を起こす原因にもなります。

UVケアや日焼け止め、帽子などの対策を取っておきましょう。

日差しがきつくない時間帯に散歩するのも良いですね。

また脱毛した後のお肌は乾燥しやすくなっていますので、散歩から帰った後はしっかりと保湿ケアを行ってください。

その時は殺菌効果のあるアルコール入りの化粧水を使うと、ペットからの感染症も予防できると思います。

3.部屋を清潔に保っておく。

ペットを飼っている人は普段から気を使っているとは思いますが、抜け毛やトイレの掃除はマメにしておく必要があります。

脱毛して弱った肌や毛穴が、ふとした拍子にアレルギーを起こす可能性もあるそうです。

普段は何もないから大丈夫とは思わないで、脱毛期間中は特に掃除に気を使いましょう。

ペットには何も責任の無いことですので、お互いにイヤな思いをしない為にも気をつけて脱毛してくださいね。