クリニックでの医療脱毛と脱毛サロンの脱毛って何が違うの?

脱毛をする時に美容クリニックにする脱毛サロンにするか、迷うところですよね。

脱毛に掛かる費用が異なったり、脱毛の期間が違ったり、クリニックとサロンで違うところはありますが、脱毛する場所によってもそれぞれ違うのでどちらがどう良いのか分かりにくいかもしれません。

まずクリニックとサロンで一番異なるのは、脱毛に使う装置です。

一般的に脱毛サロンで使用されているのはフラッシュ脱毛ですが、これには毛根の細胞を破壊する程の出力はありません。

あくまで毛母細胞を変質させて毛を生み出す力の抑えるような手法になっています。

クリニックで行う医療脱毛で今主流になっているのはレーザー脱毛ですが、これは毛根の細胞をレーザーによって破壊することで毛を生えないようにしています。

結果的にはどちらも毛が生えなくなるのですが、力が弱い分脱毛サロンは最後まで脱毛するのに時間が掛かる訳です。

では、クリニックの方が優れているのかというと、それだけでは判断できません。

脱毛サロンの方は出力が弱い分、お肌に優しく痛みが少ない施術が可能なのです。

施術の機械も安価なため、脱毛サロンの方が1回あたりの費用は安くなっています。

レーザー脱毛は確実に脱毛を行えますが、使用に医師免許が必要で装置自体も高額なため、どうしても施術費用は高くなっています。

皮膚科の専門医が施術を行う場合が多いので、敏感肌や肌トラブルを抱えている場合は診察を受けながら脱毛でき、安心して脱毛することができます。

クリニックはいかにも病院という雰囲気のところも多いですが、脱毛サロンは高級感のあるエステの様な雰囲気を楽しめるところもあります。

どちらにも一長一短あり単純にどちらとは言えませんが、どちらも脱毛できることは変わらないので、予算や脱毛期間、体質、お店の雰囲気など各自の都合に合わせて選べば問題ありません。

ただし雰囲気や評判だけで決めてしまって、通いにくい場所にしてしまうと途中で通うのが億劫になってしまうこともよくあります。

クリニックかサロンかで迷うよりも、自分に合った通いやすい場所で脱毛するのが一番です。