Category Archives: 脱毛のトラブル

万が一、肌トラブルが起こった場合は早急にサロンに連絡を入れるべし!

夏場の薄着対策で脱毛を行おうと決意して脱毛してみたはいいけれど、肌トラブルが起こって皮膚科に行くことになったということはないでしょうか。

ネットの口コミなどでも見かけることはありますが、脱毛には肌トラブルはつきものです。

と言っても、誰でも肌トラブルが起きる訳ではなく、脱毛前後の対応に問題があった場合や、体調不良によるものがほとんどです。

脱毛にはちょっとした肌質の変化や体調の良し悪しで、お肌への負担が変わってきます。

生理や病気、寝不足、体調不良などの状態で脱毛を受けた場合、デリケートになったお肌はトラブルを抱えることが多いです。

また、脱毛前後の予防対策を怠っていた場合も、肌トラブルになることがあります。

肌トラブルは施術直後に起こる場合はまれで、もし何かあった場合はスタッフが患部を冷やす、保湿ケアをしっかりするなど対応をとります。

しかし実際には自宅に帰ってゆっくりしている時に初めて気がつくということも多いのです。

脱毛した場所の熱が引かない、脱毛後に赤くなった毛穴の赤みが引かない、赤みが大きくなった、いつまでも痛みを感じるなど、自覚症状を感じることがあると思います。

その場合は、素人判断は避けて脱毛サロンへ連絡し対応を指示してもらいましょう。

肌トラブルを起こさないための対策を下にまとめましたので、参考にしてください。

・脱毛前は体調管理を徹底し、もし生理に当たった場合は脱毛を避ける。

ホルモンバランスの変化は、肌質の変化に直結します。

体調が悪い時、生理の時はホルモンバランスが崩れやすいので、その場合は脱毛施術自体を延期した方が得策です。

・脱毛前後の飲酒を控える。

お酒好きにはつらいかもしれませんが、飲酒による血行促進効果は長時間体に影響を及ぼします。

血行が促進されると脱毛した患部が温められて、傷口が炎症を起こす原因になりますので、脱毛の前日、脱毛した当日の飲酒は避けましょう。

・脱毛施術前のムダ毛処理で肌に傷をつけないように気をつける。

毛抜きやカミソリでの自己処理を行う人がいますが、肌や毛穴を傷つけやすいので、できるだけ肌に優しい電気シェーバーなどを使うようにしてください。

脱毛前に傷を作ると、脱毛施術によって大きなダメージを受けることになります。

こうした行為は肌トラブルの大きな原因になりますので、注意が必要です。

適切な処理をすれば肌トラブルはちゃんと完治します。

様子を見ている内にひどくなったということがないように、何かあった場合はすぐに脱毛サロンへ連絡を取って下さいね!

フラッシュ脱毛ならワキ脱毛をしても多汗症になる心配無し

脱毛してツルツルになったワキは、もうムダ毛処理も気にすることもなく身軽で気軽な気分にしてくれます。

誰に見られても平気と思っていたけれど、なんだかすごく汗をかいているような気がして仕方がないということはありませんか?

確かに、まれに脱毛をすることで「多汗症」という症状を起こすことがあります。

ネットの口コミなどを見ていると、脱毛したことで毛穴の中の汗腺を刺激することで、普段より汗がたくさん出ているなど、原因として挙げられています。

針脱毛と呼ばれる脱毛法の場合には、直接毛穴に針状の器具を差し込んで電流を流しこむため、毛穴の中にある汗腺を活性化させることはあるようです。

強い刺激を受けた汗腺は、これまでよりも汗が出ることになります。

しかし、現在一般的になっている脱毛法では、針脱毛は使わずレーザーによる脱毛を行うところがほとんどです。

レーザー脱毛の場合は、体毛に熱を加えて毛根細胞を破壊するので、汗腺を刺激することはありません。

原理的にもレーザー脱毛が原因で汗をかくことはないのです。

でも実際に汗をかくようになったという人は結構います。

これは脱毛したことでキレイになったワキが、これまでとは逆に他人に見られているのではないかと、意識することで起こる精神的なものなのです。

緊張した時に自然と汗が噴き出てくるように、意識がワキに集中すると余計に汗をかいてしまいます。

また、これまでは体毛が汗が流れるのを抑えてくれていたので、毛がなくなったことによってかいた汗が流れやすくなったというケースも考えられます。

これについても感じ方の違いでしかなく、汗の量は変わっていません。

対処法としては、光脱毛やレーザー脱毛で多汗症にはならないということを理解してもらった上で、流れやすくなった汗をこまめに拭きとるようにしてもらうとよいでしょう。

認識を変えるだけでもかなり効果はあると思います。

ワキ汗が気になって臭うのではないか、見られているのではないかと気にすると余計に精神的な汗をかいてしまいます。

まずは意識を変えること、そしてこまめに汗を拭きとることです。

それでも汗が気になる方は、皮膚科で多汗症の治療を行っているので、一度受診してみてはいかがでしょうか。

医師から問題ないと言われれば、安心できるかも知れません。

せっかくキレイにしたワキなのですから、自信を持って行動してください!

脱毛当日の遅刻はサロンによってはペナルティもあるので注意して!

時間にルーズな人というものはいるもので、10分や15分の遅刻でも何とも思わない神経の太い人は結構います。

しかし脱毛サロンにおいて、遅刻は許されません。

一人に対して数十分から1時間以上の時間を掛けて脱毛を行うサロンでは、お客の回転が悪くなれば即経営に響いてくるからです。

特に大手サロンでは予約も満杯で、常に次のお客が待っている状態です。

そんな中、遅刻したから時間をずらしますという訳にはいかないのです。

従って、脱毛サロンでは遅刻に対するペナルティもかなり厳しいものがあります。

例えば1分の遅刻であっても許されず強制的に予約をキャンセルされて、その回の施術が1回分無くなってしまうこともあります。

また当日になって連絡を入れてキャンセルをしても罰金やキャンセル料を取られる場合や、連絡した上で遅刻した場合でも罰金が設定されているサロンもあるくらいです。

脱毛は長期間を掛けて行うものなので、次回の施術まで1ヶ月や2か月あいだが空くことも当たり前の世界です。

対応が甘くしていると、忙しくてつい予約した日を忘れていたとか、予約の時間を間違えていたとか勘違いや物忘れで遅れてくるお客が多くなってしまうのです。

その為にサービス業としては珍しいくらい、厳しい罰則が設けられているのも脱毛サロンの特徴と言えるでしょう。

脱毛に掛かる時間は一人一人異なりますので、多少の余裕を持った施術時間を設定していても時間が延びてしまうことはよくあります。

次のお客の時間だからと中途半端な状態で脱毛やアフターケアを終わらせる訳にもいかないですから、サロンとしてもしっかり時間は守って欲しいのです。

人として当たり前の行動ですが、約束した時間は守ること、最悪遅れる場合でも必ず連絡を入れておくことは常識です。

慌てて脱毛サロンに駆け込む必要がないように、時間には余裕を持って行動したいものですね。

もしも脱毛サロンが倒産したときに備えて最初から大手チェーン店で脱毛すると安心♪

長らく不景気が続き、デフレの影響で様々な業界で価格破壊が起きました。

美容業界もその流れで激しい価格競争の末、多くの店舗が倒産し、新規の店舗が台頭するという状態が続いています。

脱毛サロンでも倒産する会社は少なくないのが現状です。

大手サロンは予約が取りにくく通いにくいので、無名な空いているエステを選んだらいきなり倒産したという話も良くある事なのです。

資格さえ取ってしまえば、個人経営的でも始められる脱毛サロンは客の回転率が命です。

価格競争が進んだ現在では特にその傾向が高いようです。

予約が簡単に取れるサロンというのは、それだけ経営が厳しいところも多い訳です。

全身脱毛のコースになれば数十万になることも珍しくありませんが、たいていは脱毛を始める時に払い込んでからスタートしています。

途中でお店が倒産してしまった場合に保証してくれる制度も整ってはおらず、消費者センターを通じて運が良ければ返金されるか、別のサロンに転院することができるというところでしょう。

パーツ別に行う短期間の脱毛であれば比較的低価格ですし、どこのサロンでも問題ないのかも知れませんが、全身脱毛や広い範囲の脱毛を計画しているのであれば中小のサロンを使うときは良く考えないといけません。

経営が上り調子のお店であれば急に倒産ということもありませんが、いつでも空いているようなサロンの場合は月またぎや、期末になって資金繰りが悪くなり急に倒産ということもあります。

なかなかスタッフに経営状態を聞くこともできませんので、お客の入りや予約状態で判断するしかないのがつらいところですが、大手であればそこまで心配はいりません。

もし今通っている脱毛サロンが小さいところなのであれば、いきなり全身脱毛するのではなく小さなパーツを脱毛しながら様子を見ていくのも一つの手段です。

予約は大変ですが、最初から大手の脱毛サロンを選んでおけば余計な心配をしなくても大丈夫です。

安心な大手を選ぶか、予約の取りやすい便利なお店を選ぶかはあなた次第ですが、まさかのことも考えて、お金を払う前に良く考えて脱毛しましょう。