病気・肌のコンディションが悪い場合、脱毛を断られることもある

女性にとってムダ毛のない体を手に入れることは、ムダ毛処理の多大な手間から解放され、美しいツルツルのお肌になれるチャンスです。

脱毛施術も脱毛機器もかなり進歩して、これまで脱毛が出来なかった敏感肌やアトピー性皮膚炎の方でも、脱毛できる方法が開発されています。

負担の少ない脱毛方法もたくさんありますが、それでも脱毛できない場合というのは存在します。

まずはどうしても脱毛できない人としては、ぺースメーカーや人工心肺を付けている人の場合です。

脱毛装置はレーザーを使用したり、電流や高周波を流し込むことで脱毛するものがほとんどです。

電気的な刺激や特殊な波長の光は、ペースメーカーや人工心肺に影響を及ぼす可能性が否定出来ないので、施術を断られます。

また、病気のために服薬をしている人は、薬の種類によっては脱毛を受けることができません。

レーザーの熱や光による影響で、薬の成分が活性化したり、変質することもあるので、体に悪影響を及ぼす可能性があるからです。

全ての薬が対象になる訳ではないので、それでも脱毛したい人はかかりつけの医師や皮膚科の医師に相談してみてください。

また、現在病気になっている人も脱毛は断られることが多いです。

薬のことだけでなく、体調が崩れている時はホルモンバランスも崩れやすく、お肌の調子が悪くなる原因になります。

寝不足や風邪を引いたときなどにも肌の調子が悪いということがあると思います。

そうした時は肌もデリケートな状態になっていますので、ちょっとした刺激で湿疹や炎症を起こす場合があります。

また、健康な状態であっても肌に異常がある場合は施術できないといわれる場合があります。

一般的なのが日焼けとタトゥーです。

ファッションとして日焼けやタトゥーを楽しむ人も増えてきましたが、一般的な脱毛に使用されるレーザーは、体毛のメラニン色素(黒い色)に反応するように出来ています。

したがって日焼けして黒くなった肌や、タトゥーによって黒くされた肌も、レーザーの影響を受けてしまうのです。

そうなると脱毛の効果も低くなりますし、肌全体が火傷状態になってしまいます。

タトゥーは最悪その部分をよけて脱毛もできますが、細かい部分は対応できませんので、中途半端な脱毛になる可能性があります。

以上のような理由で、自分の体のことが原因で脱毛を断られる場合があります。

無理をして肌トラブルになってしまっては、何のための脱毛なのか分かりませんので、くれぐれも無理は禁物です。

説明した内容が該当すると思った人は、脱毛する際には十分注意してください。

万が一、肌トラブルが起こった場合は早急にサロンに連絡を入れるべし!

夏場の薄着対策で脱毛を行おうと決意して脱毛してみたはいいけれど、肌トラブルが起こって皮膚科に行くことになったということはないでしょうか。

ネットの口コミなどでも見かけることはありますが、脱毛には肌トラブルはつきものです。

と言っても、誰でも肌トラブルが起きる訳ではなく、脱毛前後の対応に問題があった場合や、体調不良によるものがほとんどです。

脱毛にはちょっとした肌質の変化や体調の良し悪しで、お肌への負担が変わってきます。

生理や病気、寝不足、体調不良などの状態で脱毛を受けた場合、デリケートになったお肌はトラブルを抱えることが多いです。

また、脱毛前後の予防対策を怠っていた場合も、肌トラブルになることがあります。

肌トラブルは施術直後に起こる場合はまれで、もし何かあった場合はスタッフが患部を冷やす、保湿ケアをしっかりするなど対応をとります。

しかし実際には自宅に帰ってゆっくりしている時に初めて気がつくということも多いのです。

脱毛した場所の熱が引かない、脱毛後に赤くなった毛穴の赤みが引かない、赤みが大きくなった、いつまでも痛みを感じるなど、自覚症状を感じることがあると思います。

その場合は、素人判断は避けて脱毛サロンへ連絡し対応を指示してもらいましょう。

肌トラブルを起こさないための対策を下にまとめましたので、参考にしてください。

・脱毛前は体調管理を徹底し、もし生理に当たった場合は脱毛を避ける。

ホルモンバランスの変化は、肌質の変化に直結します。

体調が悪い時、生理の時はホルモンバランスが崩れやすいので、その場合は脱毛施術自体を延期した方が得策です。

・脱毛前後の飲酒を控える。

お酒好きにはつらいかもしれませんが、飲酒による血行促進効果は長時間体に影響を及ぼします。

血行が促進されると脱毛した患部が温められて、傷口が炎症を起こす原因になりますので、脱毛の前日、脱毛した当日の飲酒は避けましょう。

・脱毛施術前のムダ毛処理で肌に傷をつけないように気をつける。

毛抜きやカミソリでの自己処理を行う人がいますが、肌や毛穴を傷つけやすいので、できるだけ肌に優しい電気シェーバーなどを使うようにしてください。

脱毛前に傷を作ると、脱毛施術によって大きなダメージを受けることになります。

こうした行為は肌トラブルの大きな原因になりますので、注意が必要です。

適切な処理をすれば肌トラブルはちゃんと完治します。

様子を見ている内にひどくなったということがないように、何かあった場合はすぐに脱毛サロンへ連絡を取って下さいね!

フラッシュ脱毛ならワキ脱毛をしても多汗症になる心配無し

脱毛してツルツルになったワキは、もうムダ毛処理も気にすることもなく身軽で気軽な気分にしてくれます。

誰に見られても平気と思っていたけれど、なんだかすごく汗をかいているような気がして仕方がないということはありませんか?

確かに、まれに脱毛をすることで「多汗症」という症状を起こすことがあります。

ネットの口コミなどを見ていると、脱毛したことで毛穴の中の汗腺を刺激することで、普段より汗がたくさん出ているなど、原因として挙げられています。

針脱毛と呼ばれる脱毛法の場合には、直接毛穴に針状の器具を差し込んで電流を流しこむため、毛穴の中にある汗腺を活性化させることはあるようです。

強い刺激を受けた汗腺は、これまでよりも汗が出ることになります。

しかし、現在一般的になっている脱毛法では、針脱毛は使わずレーザーによる脱毛を行うところがほとんどです。

レーザー脱毛の場合は、体毛に熱を加えて毛根細胞を破壊するので、汗腺を刺激することはありません。

原理的にもレーザー脱毛が原因で汗をかくことはないのです。

でも実際に汗をかくようになったという人は結構います。

これは脱毛したことでキレイになったワキが、これまでとは逆に他人に見られているのではないかと、意識することで起こる精神的なものなのです。

緊張した時に自然と汗が噴き出てくるように、意識がワキに集中すると余計に汗をかいてしまいます。

また、これまでは体毛が汗が流れるのを抑えてくれていたので、毛がなくなったことによってかいた汗が流れやすくなったというケースも考えられます。

これについても感じ方の違いでしかなく、汗の量は変わっていません。

対処法としては、光脱毛やレーザー脱毛で多汗症にはならないということを理解してもらった上で、流れやすくなった汗をこまめに拭きとるようにしてもらうとよいでしょう。

認識を変えるだけでもかなり効果はあると思います。

ワキ汗が気になって臭うのではないか、見られているのではないかと気にすると余計に精神的な汗をかいてしまいます。

まずは意識を変えること、そしてこまめに汗を拭きとることです。

それでも汗が気になる方は、皮膚科で多汗症の治療を行っているので、一度受診してみてはいかがでしょうか。

医師から問題ないと言われれば、安心できるかも知れません。

せっかくキレイにしたワキなのですから、自信を持って行動してください!

うちの近くにあるサロンの客層って?

わたしが住んでいる周辺はファミリー層が多い住宅地で、最寄駅の東戸塚の駅前も割と便利な施設があって住みやすい地域だと思います。

うちは駅からも近いので、電車さえ乗ってしまえば横浜とか桜木町などにも出やすい場所で、子供が学校や幼稚園に行っている間に気分転換に出かけたりすることもたまにあるんですよ。

たいがいは最寄駅の周辺で用が足りてしまうので、電車に乗らずにせいぜいショッピングモールの中のお店でランチをして帰ってきてしまうんですけどね。

でもついこの間、その施設の中に入っている脱毛サロンの宣伝が目についたんですが、こういうファミリー層が比較的多い地域に、サロンを出店しても繁盛するんでしょうかね。

わたし自身も脱毛に興味がないわけではありませんが、あえて通いたいと思ったことはなかったですから。

いざとなった時に駆け込んで用が足りる、ってお店ではありませんし、計画的に通うことをちゃんと考えなきゃいけませんよね。

そう思っていた矢先に、ママ友との話題で「東戸塚の脱毛サロンってどうよ?」なんて話が出てきたので、みんな何となく気にはなってることがわかってしまいました。

ひょっとしたらサロン側でも、こういったママさん達をターゲットにすることも考えに入ってるのかもしれませんね。

その後ママ友のうち、誰かが通い始めるかもしれません。

脱毛中の毛抜きやワックスでの自己処理は脱毛効果が弱まる可能性があるのでNG

ムダ毛のお手入れにお手軽な毛抜きやワックスを使っている人も多いと思います。

自宅で簡単にできるムダ毛処理として、根強い人気のある方法ですが脱毛サロンに通っている間は止めておきましょう。

脱毛中にもムダ毛は生えてくる訳ですが、毛抜きやワックスで自己処理してしまうとせっかくの脱毛効果が弱まってしまうのです。

元々脱毛は体毛の黒い部分のメラニン色素に反応する光を当てて、毛が生えないようにしています。

体毛に強い光を当てることで毛根に熱を伝えて、毛の生える細胞に影響を与えている訳です。

これは医療機関で行うレーザー脱毛でも同じことです。

ですので、脱毛する為にはムダ毛が生えていないと意味がなくなってしまうのです。

毛抜きやワックスでの自己処理は、毛根ごと毛を引き抜いてしまいますので、せっかくの脱毛器の光も効果が発揮できません。

また目立つのが2~3本あるだけだからと、抜いてしまうのもいけません。

毛抜きやワックスで処理した後の毛穴は、強引に引き抜かれて傷ついている場合が多いのです。

もし前日に自己処理をして毛穴から血が出たとか、ワックスで剥がしたところが赤く腫れたなど怪我になった場合は脱毛自体が受けられない可能性もあります。

目には見えなくても毛穴の中に傷口ができていた場合、脱毛器の光を浴びることで毛穴の中で炎症を起こしてしまいます。

これは「毛嚢炎」と呼ばれる酷いニキビのような状態になることもあり、そうなれば病院に通う必要があるくらいです。

このように脱毛中の毛抜きやワックスによる自己処理は、かなりのリスクを伴いますので止めておきましょう。

どうしてもムダ毛が気になる場合は剃毛してもらうのが一番良いです。

しかしT字型のカミソリはお肌を傷つけやすいので、できれば専用の電気シェーバーを使って下さい。

ローションやオイルを使って、できるだけ肌を傷つけないように優しく剃るのが理想的です。

キレイにする為の脱毛でお肌を痛めてしまっては元も子もありません。

脱毛中の自己処理には毛抜きやワックスを使わないようにして下さいね!

脱毛期間中はペットとの交流には要注意!感染症や散歩時の紫外線の予防を徹底的に行おう

最近は一人暮らしの若い女性でもペットを飼う人が増えています。

ペット可のマンションも増えており、ドックランなどペットや飼い主同士のふれあいができる場も整備されてきました。

ペットを飼っている人にとっては大切な家族ですので、家に帰ればスキンシップを図ることも多いでしょう。

そんなかわいいペットですが、脱毛している間は以下の点に注意して接しないといけません。

1.ペットとの触れ合いによる感染症に気を付ける。

どんなにキレイにしているペットであっても、口や爪、排せつ物などには目には見えない細菌がいます。

脱毛したばかりのお肌は乾燥して弱っていますし、毛穴も傷ついている状態です。

普段通り接しているだけのつもりでも、傷口に細菌が入って炎症を起こすことにもなりかねません。

脱毛サロンで施術を受けて2~3日もすれば、肌の腫れも引いてきて毛穴の傷も治ってきます。

せめてそれまでの間は、ペットとの交流には気を使いましょう。

腕や足などは丈や裾の長い少し厚手の服を着ておけば大丈夫ですし、手や指に関しても手袋をするなどしておけばOKです。

顔や首周りの脱毛をしている時は、さすがにフルフェイスのマスクをする訳にもいきませんので、顔を近づけたり抱き上げたりするのは控えましょう。

2.散歩の際のUVケア、帰宅後の保湿ケアはしっかり行う。

散歩が必要なペットの場合は、紫外線対策も十分に行ってください。

脱毛した後のお肌に紫外線を浴び続けると、赤く腫れあがったり炎症を起こす原因にもなります。

UVケアや日焼け止め、帽子などの対策を取っておきましょう。

日差しがきつくない時間帯に散歩するのも良いですね。

また脱毛した後のお肌は乾燥しやすくなっていますので、散歩から帰った後はしっかりと保湿ケアを行ってください。

その時は殺菌効果のあるアルコール入りの化粧水を使うと、ペットからの感染症も予防できると思います。

3.部屋を清潔に保っておく。

ペットを飼っている人は普段から気を使っているとは思いますが、抜け毛やトイレの掃除はマメにしておく必要があります。

脱毛して弱った肌や毛穴が、ふとした拍子にアレルギーを起こす可能性もあるそうです。

普段は何もないから大丈夫とは思わないで、脱毛期間中は特に掃除に気を使いましょう。

ペットには何も責任の無いことですので、お互いにイヤな思いをしない為にも気をつけて脱毛してくださいね。

背中脱毛をするなら思い切って全身脱毛にした方が満足のいく脱毛ができる!

白いうなじからキレイな背中にかけてのラインは、女性らしい魅力的なチャームポイントです。

男性にとっても、もちろん女性にとってもキレイな背中はあこがれだと思います。

でもよく見ると産毛やムダ毛、シミなどがあってちょっと人に見せられる自信はない、という人も多いのではないでしょうか。

そんな人には脱毛サロンでの背中脱毛がおススメです。

背中は自分で処理するにもよく見えませんし、腕も届きません。

除毛クリームや専用の脱毛器もありますが、剃り残しなどがあると逆に目立ってしまうかもしれませんよね。

やはり自分で処理しきれない場所はプロに頼むのが一番です。

それに脱毛サロンで使用されているフラッシュ脱毛器は、元々シミやニキビの治療にも使われていたので、気になる背中のシミにも効果的です。

ムダ毛やシミが無くなって、ツルツルでスベスベの背中が手に入ります。

良いことづくめの背中脱毛ですが、一つ問題があります。

背中は脱毛するのには範囲が広く、施術するのに結構な費用が掛かってしまうのです。

背中と一口に言っても、襟上、背中上、背中下、腰と細かく分ければいくつかのパーツに分かれています。

ほとんどがLパーツなどと呼ばれる値段の高い部位なので、トータルだと6~7万円掛かることもあるのです。

また背中の細かい産毛は施術もれがどうしてもありますので、施術回数が増えることも良くあります。

背中だけで10万円近く払うとなるとちょっと考えてしまいますよね。

ですから、どうせ脱毛するのであれば背中だけでなく全身脱毛にした方がトータル的にはお得になると思います。

脱毛するのにかかるのはお金だけでなく、時間もかなり使います。

背中脱毛だけを終わらせてから他の脱毛を始めてしまうと、かなりの年月が掛かってしまいますし、新たに脱毛すると余計なお金も払うことになります。

それであれば全身脱毛をして他のパーツも一緒に脱毛した方が、効率的でトータル金額も安くお得です。

脱毛し始めると他の箇所もやりたくなる人が多いので、どうせ脱毛するなら全身脱毛をおススメします。

キレイな背中を手に入れる為にも、思い切って全身脱毛を始めてみませんか。

脱毛を始めるなら紫外線が少ない秋冬がオススメ

暑い夏を迎えると薄着で外出したり、水着でレジャーに繰り出したりと肌を見せる機会が増えます。

そうなるとやっぱり脱毛したくなるのが、乙女心というものですよね。

どうせ見せるならキレイな肌を見せたい、見られたいのは誰も同じなので、夏場に向けて脱毛サロンも一番忙しくなる時期です。

春頃から夏前に掛けては、ワキや腕、足など露出する部分を脱毛するお客さんが増えて、どこの脱毛サロンもかなり混み合います。

逆に肌の露出が少なくなる冬には脱毛需要も下がってきて、多少は脱毛サロンも空いてきます。

ですので、脱毛サロン的にも夏前は稼ぎ時なのでお得なキャンペーンを始めていて、値段的にもお得に脱毛が可能です。

ただし混み合った脱毛サロンはなかなか予約が取れなくなるので、思った通りに脱毛できるかというと微妙なところです。

また、紫外線の量が増えてくる初夏から夏場にかけては、脱毛の天敵である日焼けをする可能性も高くなります。

UVケアや日焼け止めも汗をかいて流れてしまったり、窓越しに日焼けするなんてこともあるので油断はできません。

そういった意味でも脱毛を始めるのであれば、紫外線も脱毛サロンに来るお客さんも減ってくる秋から冬に掛けてがいいと思います。

自然と厚着をする季節であればUVケアも比較的楽になりますし、脱毛サロンの行き帰りに日焼けの心配をする必要も少なくて済みます。

汗をかかない季節だと脱毛した後も気楽でよいですよね。

また脱毛は半年から1年くらいの長い期間が掛かるものです。

夏に向けて万全の体制で脱毛するのであれば、余裕を持って秋から冬に始めるのがベストです。

脱毛サロンとしても一番お客の減る時期を乗り切るためのキャンペーンを企画するものなので、いつ始めてもお得度は変わらないかも知れません。

夏前に脱毛を始めたお友達がいるなら、脱毛サロンを紹介してもらえば割引されるケースもありますので、そういった紹介制度も活用しましょう。

焦って夏前にバタバタと中途半端な脱毛をするくらいなら、脱毛のベストシーズンともいえる秋冬から脱毛を始めることをおススメします!

脱毛日前の怪我にはご注意!もし怪我をしても上からテープを貼るので安心して

紙で指を切った、ぶつかってアザになったなど、ちょっとした怪我は誰にでも起こります。

しかし大したことないからと言って、傷口を放置しておくとなかなか治らないものです。

でも脱毛している時に怪我をした場合は、施術に影響しますので注意してくださいね。

脱毛サロンで使用されているフラッシュ脱毛や、脱毛クリニックで使用されているレーザー脱毛は、体毛の濃い色(メラニン色素)の部分に反応します。

傷が治りかけの時に赤黒くなっている部分は、メラニン色素が固まっている状態なので、体毛と同じように脱毛装置の光に反応してしまうのです。

また、治りかけの傷口や出血している場合は、施術によって傷口が炎症を起こすこともあるので傷がある時は脱毛できないことがあります。

もし脱毛期間中に怪我をした場合は、早めに直す為にすぐに応急処置をして傷の早期回復を図りましょう。

脱毛の前日に運悪くケガをした場合でも、出血さえしていなければ施術は受けられます。

小さな傷口であれば怪我の部分に保護テープを貼って、その部分を避けて脱毛施術を行うので大丈夫です。

ただ傷の大きさにもよりますので、施術できないこともあります。

またテープを貼って施術できなかった部分は、当然脱毛の効果は出ませんので、そこは理解しておいてくださいね。

心配であれば事前に脱毛サロンに電話で傷の状態を説明して、施術が受けられるか確認しておけば良いでしょう。

せっかく予約していた脱毛日が延期になると、また予約を取るのも大変ですし脱毛のスケジュールも狂ってしまいます。

もし傷を作ってしまった時は、早く治すことに専念するようにしましょう。

切り傷を早く治したい場合は、傷口に軟膏や消毒液を使うと逆効果になる場合がありますので、流水で洗い流して止血するだけの方が早く治ります。

傷が深い場合や傷口が化膿している時は、自分で手当てせずに病院に掛かった方が早く治ります。

おおげさだとは思わずに皮膚科や形成外科などを受診してください。

打撲や打ち身などは、怪我をしてから1~3日は患部を冷やすほうが良く、腫れが引いたら人肌程度のタオルなどで温めるのが早く治すコツです。

少々の傷なら脱毛はできますが、無理して肌トラブルを起こしては意味がありません。

脱毛中はできるだけ怪我をしないように注意したいものですね。

脱毛日の服装は摩擦が起こりにくいスカートのような服装ににしよう

脱毛施術を受ける日は、ムダ毛処理をしなくてはいけませんが、それ以外にも気を付けないといけないことがあります。

それが服装です。

脱毛施術する時は脱いだり着替えたりするからどんな服装でも良いのでは?と思われがちですがそれは間違いです。

脱毛施術後はお肌がとても敏感になっているので、外部刺激に非常に弱い状態です。

脱毛後の肌トラブルを避けるためには、お肌への密着が少ないものや、露出部分が少ない服装を選ぶようにすると良いでしょう。

お肌への密着が多い服装だとどうしても洋服と肌が擦れてしまいます。

そうなると炎症や色素沈着を起こしやすくなってしまうからです。

流行のスキニーなど肌に密着するものよりスカートを選びましょう。

また露出が多い服装だと、紫外線からの影響を受けやすくなってしまうため、露出は少なめの服装がおすすめです。

洋服の素材も、化学繊維よりも綿など自然素材のものの方がお肌に優しいのでおすすめですよ。

夏場に脱毛する場合は、紫外線が非常に強いため日焼け止めだけでは不十分です。

日焼け止めプラス日傘でしっかり紫外線を防ぎましょう。

また紫外線は目からも吸収されるため、サングラスやUV対応のコンタクトレンズをするとより良いですね。

できれば脱毛サロンに行く日は夏でもUVカット仕様の長袖がおすすめですよ。

また自宅に帰ってからのケアで大切なのが保湿をすることです。

脱毛サロンで脱毛施術前後のケアはきちんとしてくれていますが、それだけでは不十分です。

保湿に使用するクリームやジェルは、高いものでなくても問題ありません。

ただし、脱毛後はお肌が非常にデリケートになっているので、無添加や天然系などお肌への刺激が少ないものを選んで使うようにしましょう。

特に乾燥が気になる秋冬はもちろんですが、それ以外の季節も汗で肌表面は潤っているように見えますが、内側は乾燥している場合も多いです。

脱毛中は季節問わずにきっちり保湿をしましょう。

朝晩保湿ケアをすることが理想ですが、朝はなかなかボディーケアまで・・・という方は夜、特に入浴後にしっかり保湿を行いましょう。